“見て・触れて・考え・学ぶ”体験型フィールドミュージアム「まほろん」へ!


概要

福島県文化財センター白河館(まほろん)は、「遺跡から学ぶ自然と人間のかかわり」を活動のテーマとした、“見て・触れて・考え・学ぶ”体験型フィールドミュージアムです。
福島県内各地の遺跡から出土した文化財を保管し、それらを活用しながら展覧会や古代の技術を学ぶ体験講座、イベントを行っています。

市町村名 白河市
実施主体 福島県文化財センター白河館
実施場所(施設名)
実施エリア
施設名:福島県文化財センター白河館(愛称 まほろん)
所在地:福島県白河市白坂一里段86
交通手段 東北新幹線:東京から約2時間15分、仙台から約2時間
東北自動車道白河ICから車で約20分
JR東北本線新白河駅からタクシーで約10分、バスで約15分
駐車場 自家用車:130台
大型バス:10台
開催時間・営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日・休館日 ・月曜日(ただし、国民の祝日にあたる場合は、その翌日)
※夏休み期間中の月曜日は、開館します。
・国民の祝日(ただし、土・日にあたる場合は、翌平日)
・12月28日~1月4日
料金等 入館無料 ※ただし、体験の材料費がかかる場合があります。
※価格については2017年12月現在のものです。
 詳細についてはお問い合わせください。
予約(申込)の方法 団体で利用する場合には、HPの「まほろんカレンダー」をご覧の上、電話やメールでお問い合わせください。

見所

・野外には、縄文時代の家や奈良時代の米倉などの建物が復元されていて、施設内の展示と合わせ、各時代の人々の生活の様子がわかるようになっています。特に、児童・生徒の歴史学習の場として最適な施設です。復元品を見たり触れたりすることで、教科書だけでは学ぶことができない、人々の生活の知恵と技術を実感することができます。
・「火おこし」など、いつ来館しても色々な体験活動ができるのが特徴です。また、特に夏休み期間中は休館せず、特別体験メニューや夏祭りなどのイベントを行います。

問い合わせ先

福島県文化財センター白河館
電話番号:0248-21-0700
FAX番号:0248-21-1075
ホームページ:http://www.mahoron.fcp.or.jp/

※メールアドレスの@は半角に変換してください