国指定史跡・名勝 南湖公園


概要

1801年、茶人であり優れた作庭家としても知られる白河藩主松平定信公が身分の差を越え誰もが憩える「士民共楽」という理念を掲げて築造した日本最古の「公園」といわれています。また、茶室「共楽亭」を建て、庶民と共に楽しんだと言われています。200余年の時を経ても、花と緑と水が織りなす美しさは多くの人を魅了し続けています。

市町村名 白河市
実施主体 白河市
実施場所(施設名)
実施エリア
白河市南湖
交通手段 JR東北新幹線新白河駅より棚倉行きJRバスで約10分「南湖公園」下車
東北自動車道白河ICより車で約15分
駐車場 自家用車:150台
大型バス:10台
料金等 無料
※価格については2017年12月現在のものです。
 詳細についてはお問い合わせください。

見所

定信は17の景勝地を設け、今現在は湖畔の周りに小径があり吉野桜や松、楓など、四季折々の美しい風景が堪能できます。また写真愛好家から注目されており、多くの撮影スポットがあります。

問い合わせ先

白河市産業部観光課
電話番号:0248-22-1111
FAX番号:0248-24-1844

※メールアドレスの@は半角に変換してください