国指定史跡 小峰城跡


概要

奥州関門の名城と謳われた小峰城は、結城親朝が興国元年に小峰ヶ岡に城を構えたのが始まりといわれ、寛永9年に丹羽長重が完成させた梯郭式の平山城です。戊辰戦争により大部分を焼失しましたが、平成3年に三重櫓、平成6年に前御門が江戸時代の絵図や調査に基づき忠実に復元されました。

市町村名 白河市
実施主体 白河市
実施場所(施設名)
実施エリア
城山公園
交通手段 JR白河駅より徒歩約5分
東北自動車道白河ICより車で約20分
駐車場 自家用車:106台
大型バス:10台

見所

復元用材に、戊辰戦争の激戦地であった稲荷山の杉を使用しているため、当時の鉄砲の弾痕を柱や床材にみることができ、歴史的な因縁を感じさせます。総石造りの城壁は美しく、東北三名城や日本百名城にも認定されています。
震災の被害により、一部立ち入りを見合わせています。

問い合わせ先

白河市観光課
電話番号:0248-22-1111
FAX番号:0248-24-1844
ホームページ:http://shirakawa315.com

※メールアドレスの@は半角に変換してください