日本最古の公園・国指定史跡「南湖公園」と桜(桜まつり)

概要

南湖公園は、白河藩主松平定信が庶民の憩いの場として造営した日本最古といわれる公園です。春には、桜約800本、ツツジ約370本が咲き誇ります。
南湖神社の境内には「楽翁桜」と呼ばれる樹齢200年の紅しだれがあり、桜の季節には「楽翁桜」を観に多くの観光客が訪れます。

市町村名 白河市
実施主体 白河観光物産協会
実施場所(施設名)
実施エリア
南湖公園・南湖神社
交通手段 新白河駅からバスで7分
白河駅からバスで17分
駐車場
開催時間・営業時間 南湖神社(宝物館)・・・ 9時~16時
定休日・休館日 南湖神社・・・年末年始、神社祭礼休み
料金等 南湖神社(宝物館)・・・大人350円、子供200円、団体割引有り(30名以上)
※価格については2014年3月現在のものです。
 詳細についてはお問い合わせください。
予約(申込)の方法

見所

南湖公園・・・日本最古の公園・国指定史跡
楽翁桜・・・樹齢200年 「紅しだれ桜」
南湖神社・・・南湖公園の中に鎮座し、御祭神として松平定信(白河楽翁)公を祭っている
南湖周辺・・・800本の桜

問い合わせ先

白河観光物産協会
電話番号:0248-22-1147

※メールアドレスの@は半角に変換してください